ニャチャン(Nha Trang)の街から人が消えた!!

ビーチリゾートとして有名なニャチャン(Nha Trang)の街は昼も夜もまったく人影はありません。
 

 

ベトナム・ニャチャンビーチ

ハノイやダナン、ホーチミン市などの都市部ではコロナ禍によるロックダウンが続いていますが、延長に次ぐ延長で解除の見通しがつきません。

ちょっと前までは、地方における規制は緩い感じでしたが、今はそうはいきません。

ビーチリゾートとして有名なニャチャン(Nha Trang)も、すでに2カ月におよぶロックダウンで街やビーチは昼も夜もまったく人影はありません。

街には警察官によるセキュリティーゲートが設けられ、外出の条件が満たされない場合は罰金や(移動手段の)バイクの没収などもあります。

 

スーパーマーケットの入場チケット

 

どうしても必要な場合の病院、薬の購入、食料の買い出しなどのみ19時まで許されています。

さらに、スーパーマーケットで買い物できる日や時間帯(朝・夜)は決められており、ロックダウンが施行された当初は、指定された地域住民のみ3日に一度だけできるチケットが配布されていました。

が、しかし、現在は感染の状況が悪化し、チケットの配布もなくなってしまったので、スーパーマーケットのデリバリーや隣人のコネで食料を手に入れ生き延びている感じです。

 

一方、お店側も大変な状況に陥っています。

日本には飲食店への給付金制度があるようですが、ベトナムにはありません。

街の商店は、危険をおかしながら「生きるための営業」を模索しているようです。

一日でも早く、ふつうの生活に戻ってほしいと願いばかりです。

 

ベトナム・ニャチャンの夜の街
 

Report:吉田 聖 / Write :松崎義浩

お問合わせ

ベトナムコーディネートに関するご質問やご依頼はメールでもお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
折り返しのご連絡をお急ぎの方は、お電話にてご連絡下さい。
TOPへ戻る