HOME > コラム > 特集 > Vietnam Festival Part 3 ★ Chuong trinh bieu dien ao dai hang dau Viet nam.(ベトナムトップモデル・アオザイショー)/ IMSIの Dien Chan (ディエンチャン = ベトナムの顔ツボ民間療法)



がんばれ!日本在住ベトナム人
ベトナムに夢をかけた日本人たち
ダイスケのカイ・ジー? - DAISUKE no Cai gi ?
日本のベト飯や
Vietnamese Entertainment

Vietnam Festival Part 3 ★ Chuong trinh bieu dien ao dai hang dau Viet nam.(ベトナムトップモデル・アオザイショー)/ IMSIの Dien Chan (ディエンチャン = ベトナムの顔ツボ民間療法)

今回、ロコ★ベトナムがおじゃましたのは毎年秋に代々木公園イベント広場で開催されているベトナムフェスティバル!今回で3回目を迎えたベト・フェスには約15万人の来場者があるそうですよ。「そんなにベトナムに興味がある日本人が多いの?」って、正直ビックリしてしまった小生。しかし、よくよく思い出してみれば「昨年もたくさんの人が来ていたな…。」となれば膳は急げ!ベト・フェス未体験の方々にも会場の熱気を伝えちゃえとばかりに取材にお伺いしてみました。

今日、「ベトナムフェスティバル2010」をレポートしてくれるのは、ベトナム人留学生のウックくんとチャンさん、それとベトナム未体験の杉本美樹さんの3人です。

fes1_1.jpg

 杉本美樹さん(左)・チャンさん(中央)・ウックくん(右)

「あッ!ステージで何かやってるよ。見に行こう!見に行こう!」(美樹)

「アオザイのファッションショーだね」(チャン)

「アオザイもモデルさんも、と~ッても綺麗ッ!」(美樹)

「うん、うん!!」(ウック)

「 … 」(美樹&チャン)

fes3_1.jpg

さてさて、次に3人が見つけたのはベトナムフェスティバルのメインステージでおこなわれていたアオザイショー。

「な~んだか、とっても格好良いモデルさん達だな~ッ」と少々鼻の下がのびていた小生だが、なんと彼女たちはベトナムでもトップクラスのモデルさん達だそうだ。

となれば、芸能マネージャーの血がさわぐとばかりに黙っていられない小生。

「レポーター諸君! とりあえず、見に行ってみようか」(弱気)
 

 
 
 
 

fes3_2.jpg「ねぇ、ねぇ、アオザイってどんな人が着るの?」(美樹)

「女子学生の制服とかは白いアオザイだよ」(ウック)

「こういうキレイな色やデザインのアオザイは、昔だとお金持ちの人たちが着ていたみたい」(チャン)

「そんな感じがする~ッ」(美樹)

 「日本のきものと同じような存在だったんだと思うよ」(チャン)
 

fes3_3.jpg「とてもシルエットがきれい! でもさ、お腹の脇が見えるようにスリットが入っているのは普通なの?」(美樹)

「それは普通なんだよ」(ウック)

「え~ッ!とてもセクシーじゃない?」(美樹)

fes3_4.jpg「そうだね。でも、ベトナムではそんな風には考えないかな」(ウック)

「そうそう、お腹が見えるような服だと日本では悪いイメージあるでしょ?でもアオザイのデザインがそうでも、ベトナムでは悪い意味にはとらえられないんだよ」(チャン)

fes3_5.jpg「でも、伝統的なアオザイと違った新しいデザインや色のアオザイが、最近は多く作られてきたかな」(ウック)

「じゃあ、このステージで見られるアオザイは、伝統と流行が取り入れられたアオザイだね」(美樹)

「MIKIちゃん!それ、いい表現です!」(ウック)

「普通のアオザイは上着とズボンなんだけど、ズボンの代わりにスカートみたいなものもあるんだよ」(チャン)
 

fes3_6.jpg「あっ!このモデルさんはベトナムでけっこう有名だよ」(ウック)

「本当だ!エキゾチックな感じで、と~ッても綺麗だね♪」(美樹)

「ベトナムの新聞や雑誌でよく見かけるね」(チャン)

 
 

fes3_7.jpg「MIKIちゃん、このアオザイはどうですか?」(ウック)

「ん~ッ…。ちょっとセクシーなのが気になる。でも、格好良いと思うよ。モデルさんのスタイルもいいし」(美樹)

「アオザイはね、ベトナム女性をよりキレイに見せる服なんだよ」(チャン)

「あ~ッ、確かに。身体のラインがとてもキレイに見えるもんね」(美樹)

「うん、うん」(ウック)

「 … 」(美樹&チャン)

fes3_8.jpg「ところで、ベトナムでも身体が細い女性の方がキレイと思われるの?」(美樹)

「やっぱり、そうですね。日本でも同じなんじゃないの?」(ウック)

「ん~ッ。でも日本は昔、ちょっとポッチャリした女性の方が好まれたんだよ」(美樹)

「そうなの? また一つ日本の事、勉強になりました。」(ウック&チャン)

「アオザイってしなやかだよね~ッ。 いつの時代もきれいなアオザイは、ベトナムの女の子の憧れなんだろうな」(美樹)
 
 

fes3_9.jpg「アオザイショーを観たら、私も頑張らなきゃ!って思った」(美樹)

「十分、きれいじゃないですか?」(ウック)

「いや!まだまだ、ダメっ」(美樹)

「MIKIちゃん!あそこにベトナムのSPAがあるよ!」(チャン)

「え~ッ!行きたい、行きたい。絶対に行く!」(美樹)

今回取材にご協力いただいたいのは
「IMSI The International Medical-Spa Institute」の冨野玲子さん。

fes3_10.jpg

冨野さんはベトナム・ホーチミン市でディエンチャン(ベトナムの顔ツボ民間療法)の技術を習得した数少ない日本人の一人で、現在は東京・表参道にあるお店で活躍している。ベトナムに行かずしてディエンチャンをうけられるなんて、ベトナム通にはうれしい限りだよね。


fes3_11.jpg「日本にディエンチャンのお店があるなんて、すごく珍しいことだよ」(ウック)

「日本にあるなんて全然知らなかった」(チャン)

「さっそく行ってみようよ!」(ウック・チャン)

「ところで、美樹ちゃんはどこに行ったのかな?」(ウック)

「ウックくん、チャンさん。ここ、ここッ!ここにいるよ!」(美樹)

「もう、スタンバイしてたのッ? 早~いッ!」(ウック・チャン)

 fes3_12.jpg「まず、おでこから鼻にかけて、何かで擦っているね」(ウック)

「ベトナムのスプーンでするマッサージみたい」(チャン)

「次は目の周り、そして口の周り、耳の順にしていくんだね」(ウック)

「血流とかリンパの流れとかに関係しているかな?」(チャン)

「美樹ちゃん、痛くない?」(ウック)

「全然 痛くないよ~ッ」(美樹)

「とても気持ちよさそうだね」(ウック)

fes3_13.jpg「未だ体験したことないから、私もやってほしい!」(チャン)

「日本のエステ器具よりも見た目がハードな感じですが…」(美樹)

「美容目的というより顔の反射区をしっかり刺激して、顔のみならず身体に対しても施術していくためなんです」(冨野さん)

「日本にもマッサージはあるけど、こういうマッサージは無いよね」(ウック)

「トンカチみたいな器具でたたかれている!MIKIちゃん、痛くないの?」(チャン)

「全然 痛くないよ! 気持ちいい♪」(美樹)

fes3_14.jpg「顔には600以上のツボがあって、それぞれ機能をもっています。そこを刺激することで身体のいろいろな部分に効果があります」(冨野さん)

「ツボにあたると、とても気持ちよさそうにしているね、MIKIちゃん」(チャン)

「今度、ベトナムに帰ったら行ってみようかな」(ウック)

「私も行きたい!」(チャン)

「私もまたディエンチャンを受けたいな。今度は表参道のお店にお伺いしま~すッ♪」(美樹)

 

fes3_15.jpg

ベトナムと言えば数多くのマッサージがある。
中を真空にしたビンを吸盤のように身体に貼り付け血行をよくするものや、
ハッカ水のような物を身体につけ、その上をスプーンなどでかじるような物など、など。
へんてこりんな音を鳴らした自転車に乗ってマッサージ師が街を御用聞きに回るくらいマッサージは庶民の生活に欠かせないものとなっている。

疲れがたまった時に訪れる本来のマッサージ店もベトナムの街中には多くある。
キューリパックと足湯から始まって、全身のマッサージや熱した石で背中をマッサージしたり…
そんな具合だから、ベトナム滞在中は癒しの場として足繁く通う小生だ。
これらのマッサージ店は90分で約10 US$が相場で、数十人といる術師をリクエストする事も可能。
しかし、当たり・はずれは時の運なのだとか。

さて、ベトナムの「美」を追求した3人。
次はどこに行くのかな?

 その模様はPart4でお楽しみください。
 

Write : Ryo  /  Photo : 高城優香 ・ MASUMIN

 

 ★★ 勝手に人気投票 ★★

それにしても、現在ではいろいろなデザインや色のao dai(アオザイ)があるんですね。日本人にはあまり馴染みのないアオザイですが、ベトナムを連想させる一番の象徴かもしれません。「長い衣」という意味合いをもつアオザイは、女性の魅力を引き立たせ優雅にみせるベトナムの伝統的な民族衣装。しかしそのルーツは意外にも新しく、1700年代ころの発祥のようです。この頃のアオザイは「アオッタン(ao tu)」と呼ばれ、普段着や作業服だったようなんです。今回の取材で紹介したようなお洒落なデザインではなかったんですね。アロハシャツのルーツもまさにアオザイと同じように作業服だったとか。やはり実用的かつ庶民的な服が、色や形を変えながら国々の歴史に残っていくんですね。

さて、小生の能書きはこのぐらいにして、今回 紹介したアオザイは本場のベトナムでも、そうそう見れるような代物ではありませんよ!
こんな素晴らしい色やデザイン、そしてベトナムを代表するトップモデルさん達…
また、是非見たいですよね。

そこで!

日本人好みを調べちゃおう!!

そしてNo.1 になったアオザイ(モデルさん)を勝手に表彰しちゃおう!!!

なんて、企画を考えちゃいました。
勿論、モデルご本人やアオザイを選んだスタイリストさんにも結果はお届けしますよ。
そうしたら、また日本に来てくれるかもしませんもんね。

それでは みなさん! 用意はいいですか?
次の8人の写真をクリックして、あなたの気持ちをベトナムに伝えましょう! 

※写真とクリックすると投票所が現れますので、左側のあるラジオボタンで好きなアオザイを選び、下部にある「投票」をクリックしてください。参加された方々に負担はかかりませんのでご安心ください。

aodai1.jpgaodai2.jpgaodai3.jpg

 

 

 

 

aodai4.jpgaodai5.jpgaodai6.jpg

 

 

 

aodai7.jpgaodai8.jpgベトナム国旗縦.jpg

ロコファクトリー ベトナムサテライト
ベトナムフェスティバル
vietnam_airline
ベトナムプラス
ニャーベトナム
Poste