HOME > コラム > 特集 > Vietnam Festival Part 7 ★ VIETNAM COFFEE (ベトナムコーヒー) ・ KUKU COFFEE / チュングエンコーヒー



がんばれ!日本在住ベトナム人
ベトナムに夢をかけた日本人たち
ダイスケのカイ・ジー? - DAISUKE no Cai gi ?
日本のベト飯や
Vietnamese Entertainment

Vietnam Festival Part 7 ★ VIETNAM COFFEE (ベトナムコーヒー) ・ KUKU COFFEE / チュングエンコーヒー

今回、ロコ★ベトナムがおじゃましたのは毎年秋に代々木公園イベント広場で開催されているベトナムフェスティバル!今回で3回目を迎えたベト・フェスには約15万人の来場者があるそうですよ。「そんなにベトナムに興味がある日本人が多いの?」って、正直ビックリしてしまった小生。しかし、よくよく思い出してみれば「昨年もたくさんの人が来ていたな…。」となれば膳は急げ!ベト・フェス未体験の方々にも会場の熱気を伝えちゃえとばかりに取材にお伺いしてみました。

今日、「ベトナムフェスティバル2010」をレポートしてくれるのは、ベトナム人留学生のウックくんとチャンさん、それとベトナム未体験の杉本美樹さんの3人です。

fes1_1.jpg

 杉本美樹さん (左)・チャンさん (中央)・ウックくん (右)

 
「ベト・フェスの会場もほとんど見てまわったね」 (美樹)

「MIKIちゃんも、だいぶベトナム通になったんじゃない?」 (チャン)

「今日1日、ベトナム旅行をしているような感じだったよ♪」 (美樹)

「でもね、あともう一つだけ絶対に体験して欲しいものがあるんだ」 (ウック)

「え~ッ、なに、なに?」 (美樹)

「ベトナムコーヒー!」 (ウック&チャン)

「あ~ッ!忘れてた~」 (美樹)

「でしょ? ベトナムと言えばコーヒーが有名だもんね」 (チャン)

「ベトナムの文化はあまり日本では知られてないみたいだけど、ベトナムコーヒーは結構知られているんじゃない?」 (ウック)

「私も知ってる~ッ♪」 (美樹)

fes7_1.jpg
さてさて、3人が紹介する最後のレポートは忘れてはならないベトナムコーヒー。その独特な入れ方や飲み方にハマってしまった日本人は、ベトナムコーヒーの魅力からなかなか逃れられないに違いない。

初めてベトナムに赴任した時、会社の事務員が入れてくれたコーヒーをいまだ鮮明に覚えている。それはまさに、苦い経験…。

「このコーヒー濃くない? それに砂糖入れすぎだし!」

そのあと事務員に 「正しいコーヒーの入れ方」 などと、要らぬ演説をしてしまった小生。今思えばベトナムで初めてかいた恥と、はじめて体感したベトナムの食文化だったのだ。
その後は言うまでもなく、1日に1回は 「カフェ・ス・ダー!」 と叫んでいた小生。なんでしょうね、疲れてくると無性に飲みたくなるのがベトナム流のコーヒーなんです。多分、ベトナム通な方は、うなずいてくれているはず (笑)


fes7_2.jpg「ウックくん、チャンさん、今日はお疲れさまでした」 (美樹)

「コーヒーで乾杯しようか」  (ウック)

「モッ、ハイ、バー、ヨッ!」 (3人)

「ベトナム式の乾杯ができるようになったMIKIちゃんは、もうベトナム通と言っていいんじゃない?」 (チャン)

「ありがとう!でもこのコーヒー、どうやって飲むと美味しいの?」 (美樹)

「 … 」 (ウック&チャン)

fes7_3.jpg「ベトナムではコップの下の方にコンデンスミルクをたくさん入れてコーヒーを飲むことが多いよ」 (チャン)

「少しづつかきまぜていくと、丁度いい味にできるんだよ」 (ウック)

fes7_4.jpg「本当だ~ッ!甘くなった。おいしい♪」 (美樹)

「ベトナムでは時間をゆっくりかけてコーヒーを飲むんだよ」 (チャン)

「1杯のコーヒーを30分くらいかけて飲むよね」 (ウック)

「私、日本のコーヒーよりベトナムのコーヒーの方が好き!」 (美樹)

「じゃあ、日本でもっとベトナムコーヒーが飲めるように、こちらのお店のオーナーにたのんじゃおうよ!」 (チャン)

「賛成~ッ!」 (3人)


fes7_5.jpgと言うわけで、お忙しい中お話しをお伺いさせていただいたのは、株式会社VSAの水野利彦さん。水野さんの会社はベトナムコーヒーとベトナム茶の専門店。なんでも、地元のコーヒー農家や焙煎士と相談しながら美味しいコーヒーを作っているんだそうだ。そのように誕生した日本人向けの 「99KUKU COFFEE」 の売れ行きも順調だとか。こちらのコーヒーやお茶はインターネット購入できるということ。

水野さん、小生にもベトナムビジネスを伝授してくださ~いッ!

 
 


fes7_6.jpg「水野さんは、どうして日本にベトナムコーヒーのお店を作ろうと思ったんですか?」   (ウック)

「初めてベトナムのカフェでベトナムコーヒーを飲んだとき、その味の美味しさに惹かれました。そして、この美味しいコーヒーの味を日本に紹介するにはお店を開くしかないと考えました」 (水野さん)

「ベトナムのコーヒーと日本のコーヒーの味って、どう違うんですか?」 (チャン)

「ベトナムのコーヒーは酸味がないので飲みやすいです。見た目は非常に濃いですが、後味はスッキリしてますし、こくや香りもしっかりしています。ベトナムコーヒーは本当にコーヒーらしいコーヒーだと思いますよ」 (水野さん)
 

fes7_7.jpg「水野さんに教えて欲しいことがあります。僕らは将来日本の企業に就職したいと思ってますが、外国で仕事をする秘訣を教えてください」 (ウック)

「ベトナム人と日本人はとても似ているところが多いと思いますし、ベトナムからの留学生も増えています。しかし、実際に来日してみると、理想と現実が違うことに気付くベトナム人の方も多いことも事実です。やはりその国の文化に慣れることが、その国で成功する秘訣ではないでしょうか」 (水野さん)

「今日はありがとうございました。ベトナムコーヒーのことや海外での仕事のことなど、たくさん勉強になりました!」 (3人)


fes7_8.jpg「MIKIちゃん、今日1日ベトナムを体感した感想は?」 (チャン)

「やっぱりアオザイショーがよかったな。きれいだし、迫力あったし。ベトナムの食べ物や飲み物も、日本の料理と同じように見えたりもするんだけど、味とか香りが違って独特な感じがしました。あと、歌もよかった~♪  1日中、とても楽しかったです」 (美樹)

「私たちも日本でベトナムの文化に触れられたのは、とてもうれしい事です」 (チャン)

「なかなかベトナムに帰れないから、とても懐かしかったよ」 (ウック)

「また来年も、3人でベトナムフェスティバルに来たいね」 (美樹)

「うん! 絶対に来ようねッ♪」 (3人)



fes7_9.jpg

ベトナム人の方々はカフェが大好きなのをご存知ですか?

「この人たち、仕事に行かなくていいの?」

と、要らぬ心配をしてしまうぐらい日中からカフェに集っている。
中心地から少し離れた地域のカフェの座席は
海水浴場で見かけるボンボンベッドが多く
彼らはそこに寝転がっりながら ゆっくり とコーヒーを楽しんでいたりする。
そこは朝早くから働く彼らのひと時の憩いの時間と場所なのだろう。

そんなオープンエアのカフェにあなたもはまれるようになったら、
ベトナム通も板についてきた証拠である。

さて、そろそろ小生もベトナムに戻らなくては。
そして本場のカフェ・ス・ダーを飲みに出かけるとしよう。
 

Write : Ryo  /  Photo : Matsuzaki ・ 高城優香 ・ MASUMIN

ロコファクトリー ベトナムサテライト
ベトナムフェスティバル
vietnam_airline
ベトナムプラス
ニャーベトナム
Poste