HOME > コラム > 特集 > ベトナムフェスティバル2012 ★ アオザイ・ファッションショー (もうすぐベトフェス2013特集!)



がんばれ!日本在住ベトナム人
ベトナムに夢をかけた日本人たち
ダイスケのカイ・ジー? - DAISUKE no Cai gi ?
日本のベト飯や
Vietnamese Entertainment

ベトナムフェスティバル2012 ★ アオザイ・ファッションショー (もうすぐベトフェス2013特集!)

会場レポート Part1 ・ Part2 はいかがでしたか? 日本最大のベトナムイベントというだけあって、たくさんの出展ブースがありましたね。特にベトナムからの出展が年々多くなってきているのにはビックリです。日本に居ながらにしてベトナムが体感できるなんて、とっても素晴らしいことじゃありませんか。 しかしベトフェスには、まだまだベトナムを体感できる企画がたくさんありますよ。 忘れていませんか? ベトナムと言えば… そう、「アオザイ(ao dai)」 です! 引き続きこのページではベトナムのトップモデルのよる 「アオザイ・ファッションショー」 をご紹介していきます。

vietfes_aodai01.jpg
「アロハ! いや~、アオザイ って、なんてエレガントなんでしょう。なんど見ても素晴らしい…」(上野)

「あれ!!  まだいたの?」(松崎)

「あたりまえじゃないですか。 僕はベトフェスにアオザイ・ファッションショーを見に来たと言っても過言じゃありませんよ。それに、アオザイのことなら僕に任せてください」(上野)

「じゃあ、アオザイの意味とかルーツとか教えてよ」(松崎)

vietfes_aodai02.jpg

「任せてください! え~、僕とアオザイの出会いは、かれこれ5年前になります。 確かあれはホーチミン市の 1区にあるお店…。 ベトナム女性はアオザイを着ると 一段と美しさが増すんですよね~」(上野)

「上野にとってのアオザイの意味や出会ったルーツを聞いているんじゃないよ! まじめにこれを読んでくれている人たちは怒るよ!! (笑)」(松崎)

「すみません。詳しい事は、やっぱり編集長にお任せします」(上野)


「しょうがないな~。では簡単に説明するね。 ご存知のように 『アオザイ』 はベトナムの伝統的な民族衣装で 『長い衣』 という意味合いがあるんだ。1700年頃に発祥したと言われていて、この頃のアオザイは 「アオッタン(ao tu)」 と呼ばれていたらしいんだ。ベトナム人女性の魅力を引き立たせ優雅にみせるアオザイも、当時は普段着や作業服だったようなんだよね」 (松崎)

「へぇ~、それじゃあ、アロハシャツのルーツと似ていますね」(上野)

「あまり知られてないけど男性用のアオザイもあるんだよ」(松崎)

「そうなんですか? どんな時に着るんですか?」(上野)

「今では冠婚葬祭の時くらいかな。でも男性に限らず、女性もアオザイを着る機会がめっきり少なくなったけど…」(松崎)

「残念ですね、あんなにきれいなシルエットなのに…。 でも、ベトフェスに来ればたくさん見れるじゃないですか!」(上野)

「ん… 話からそれたような、それてないような…。 まぁ、でも、そういうことだね (笑)」(松崎)

vietfes_aodai.jpg

「アオザイ って 『白!』 ってイメージがあるんですけど…」(上野)

「確かに伝統的なアオザイの色だよね。 それに、ちょっと前までは中学校や高校の制服が白いアオザイだったからね。 残念なことに、だんだん制服もアオザイじゃなくなってきているけど」(松崎)

「それにしてもベトフェスのアオザイショーでは、いろんな色やデザインのアオザイにお目にかかれますね」(上野)

vietfes_aodai05.jpg vietfes_aodai04.jpg vietfes_aodai04-2.jpg

「最近ではデザイナーズブランド店などもあり、ベトナム価格で数十万円もするようなアオザイも売られているよ。それらのアオザイは 『アオザイ』 と 『現代』 の融合、いわば 『アオザイの進化』 とでも言うような…」(松崎)

「え~ッ! ベトナムの一般ワーカーの給与の何十倍もするアオザイがあるんですね?」  (上野)

「ベトフェスに登場するアオザイは毎年違った特徴をもっているけど今年は少数民族が着ているような服装の柄をあしらったようなデザインが目立つね」(松崎)

vietfes_aodai06.jpg vietfes_aodai08.jpgvietfes_aodai07.jpg

「アオザイも素晴らしいですが、モデルさんも と~っても きれいですね」(上野)

「ベトナム国内で開催される数々のコンテストで上位に選ばれたことのあるモデルさんばかりなんだって」(松崎)

vietfes_aodai09.jpg

「それはすごい! ところで、どのモデルさんが一番上位なんですか?」(上野)

「ずばり! このモデルさんです!! 」(松崎)

「わッ! かっこいい!!  そして、背が高ッ!」 (上野)

「上野の 2倍 あるんじゃない?(笑)」(松崎)

「ベトナムだったら、こんな身近で見れることないんでしょうね」(上野)

「そうらしいよ。会場に来ているベトナム人の男性が言っていた。 『ベトナムだったら握手してもらえることなんて絶対にない』 って」(松崎)
 

vietfes_aodai10.jpg

「モデルさんがステージから会場に降りてきましたよ。
  ウォ~ッ!
  僕に向かって微笑んでくれてますよ」 (上野)

「 ん… 違うと思うけど。
 とりあえず握手しとけ(笑)」(松崎)

「いいっすか?」(上野)

「微笑んでくれているんだから、いいんじゃないの」(松崎)

「ベトフェス 最高!」(上野)


ベトナムフェスティバルの楽しみ方はひとそれぞれに何通りもあります。
ベトナム好きのあなたも、ここ日本で自分なりのベトナムを見つけてはいかがですか。
ベトナムには無いベトナムが 「ベトナムフェスティバル」 には、きっとあるはずです。

vietfes_aodai11.jpg

アオザイをまとったベトナム人女性はとても優雅です。

なにも一流のモデルさんではなくとも

街行くアオザイは誰もが優雅な姿なのです。

そんなベトナムも昨今では欧米の流行が街にあふれています。

衣食住に関わることはもとより娯楽や音楽など様々な分野でです。

特にベトナムの音楽シーンは、ここ数年大きく変わりつつあります。
 

さて次のコーナーでは、そんなベトナムの音楽エンタテインメントをご紹介していきます。

その模様は LIVE編 でお楽しみください。


<お知らせ>

「ベトナムフェスティバル2013」は2013年9月14日(土)・9月15日(日)
東京・代々木公園イベント広場で開催予定です。

 

 mineyama.jpg      ueno.jpg     ishii.jpg
    photo:峯山導雄      制 作:上野智之   ディレクター:石井浩次
 

※ ベトナムフェスティバル2012 会場編 Part1 
※ ベトナムフェスティバル2012 会場編 Part2

 Dan Truong on Stage! 編


 

ロコファクトリー ベトナムサテライト
ベトナムフェスティバル
vietnam_airline
ベトナムプラス
ニャーベトナム
Poste